オカダケイコのイラストレーションポートフォリオ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なぜ?どうして?もっとしりたい科学のふしぎ/ナツメ社 | main | エキスパートナース1月号/照林社 >>
みてみて!絵本展 リポート
1月中旬に大阪で開催した、アミーニ絵本教室「みてみて!絵本展」が無事終了
いたしました。
お運びくださった皆様、本当にありがとうございます。

開催から随分たってしまいましたが、リポートです。
アップしようと思いつつ、2〜3月が、かなりお仕事がたてこんでしまって、
全くブログを書く気力が残らず…、今になってしまいました。

mag_blog.jpg

教室としては初めての展覧会で、作品でちゃんと場が埋まるのかな…、
と心配しておりましたが、搬入してみると見応えのある展示になりました。
8名のメンバーが、1人につき、新作絵本の原画3点と手製本1点をメインとして
展示し、過去の作品や、既刊の絵本、グッズの販売などもいたしました。


tenji_blog.jpg

私は新作絵本では「おわんのわんたろう」を出品しました。
みそしるをいれるのに飽きた、ちいさい木のおわんの「わんたろう」が、
台所でいろいろな食べ物をいれてもらう幼年向きのお話です。


wantaro_blog.jpg

いつもがイラストをデジタルで描くのですが、今回はアクリルガッシュで手描きの原画に。
しかし、普段手描きで描かないので、なかなかタッチが定まらず。うーん。

直接作品を見ながら、ご意見やアドバイスをいただけるのは本当に良かったです。
刺激になりました。
そういえば、週末に作者によるよみきかせで自らこれを読んだのですが、
「よみきかせ」という視点をまったく考えず作ってしまったのに気がつきました。
お話と絵を描くだけでも必死!で、、、(汗)

よみきかせするには絵本のサイズが小さく、後ろの方の方には見えにくかっただろうし、
ページ運びについても、ぱっとページを開いたときに、原因と結果がいっぺんに見えて
しまうという、おもしろくない展開になっていました。

いやー、私自身の反省点もいっぱいみえてきました。
まだまだ技術的にも修行が足りぬし、そしてなんとしてでも絵本を出版したい!という
執念と根気が私には足りない。あと伝えたいメッセージや思想なんかが、自分の中に
なんにもないのにも気がつき、愕然…。


tenji_blog02.jpg

しかし、予想していたより多くの方にご来場いただき、とても喜んでいます。
週末の作家の絵本のよみきかせや、臨床美術のワークショップも満員御礼でした。
色々な角度からいただいたのご意見・アドバイスを元に、いい絵本ができるよう
これからもこつこつと創作を続けて行こうと思います。​

会場の南森町アートギャラリーのスタッフの方にも本当にお世話になり、ありがとうございました。
それからいつも教室で励ましてくださり、展覧会のチャンスを下さった先生方・クラスメイトにも感謝です。


ご来場いただいたみなさんに、一言メッセージを書いてもらい
入口正面の壁の木に貼ってもらいましたよ↓


tree_blog01.jpg

tree_blog03.jpg

tree_blog4.jpg

leaves_blog.jpg

以上、展覧会リポートでした。