オカダケイコのイラストレーションポートフォリオ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Baby Kumonセット やりとりノート 4号/日本公文教育研究会 | main | さくらとゆうきの緊急ミッション >>
いのちって、なんだろう? シリーズ1〜3巻/フレーベル館

 

 

図書館向け絵本シリーズ3冊のイラストを

表紙から表4まですべて、担当させていただきました。

 

 

 

 

 

「死」や「いのち」について、科学的、哲学的、倫理的と、色々なアングルから

とらえ、こどもたちが自ら考え、話し合うことができるように構成されています。

 

 

 

私は小学生の頃、「死ぬこと」について深刻に考えてしまう時期がありました。

自分や親が死んで、この世からすべて消えてしまうことが、とてもこわかった

のを覚えています。眠りにつく前に、ついつい考えてしまい、恐怖のあまり

布団の中でのけぞったりしてました。

親とも友達とも、こういうテーマについては話す機会がなかったので、

この本に、小学生の頃出会っていたら、きっと私は飛びついて読んだのでは

ないかなと。「死ぬ」=「恐怖」の狭い思考でなく、もっと広く客観的に

「いのち」を捉えることができたのではないかと思います。

 

 

見返しもかわいいですよ↑

 

いのちって、なんだろう? 1 いのちはどこからきたの?  発行:2016年9月

いのちって、なんだろう? 2 いのちに終わりはくるの?  発行:2016年12月

いのちって、なんだろう? 3 いのちはなぜたいせつなの? 発行:2017年2月

 

対象年齢:小学校中学年から

監修:細谷亮太

出版社:フレーベル館